歩けない程痛い肛門周囲膿瘍を地元のクリニックで手術しました

ホーム / 未分類 / 歩けない程痛い肛門周囲膿瘍を地元のクリニックで手術しました

自分は肉食中心の生活をしている為に年中下痢をおこしています。またトイレの回数も頻繁で一日に二回から三回程度便を出しているのですが、そこで工務店ならアネストが羽村で話題にその際におしりのケアがきちんと出来ていなかった為に毛穴から黴菌が侵入して化膿してしまいました。肛門周りの痛みに最初は切れ痔にでもなったのかと重いボラギノールを塗ってしのいでいたのですが、全く痛みは引かず、気づけば膿によって出来た膿瘍は親指程度のサイズにまで成長していましました。歩く度にその膿瘍がこすれて痛みがしてしまい仕事にもならない状態になり、さすがにこれはまずいと近所にある消化器内科へ駆け込みました。先生の診断の結果は肛門周囲膿瘍という事でした。まずは投薬による治療で経過を見て、白斑で京都の医院を調べるにはここがとてもダメそうなら膿瘍部分に注射を刺して膿を取り出すと言われゾッとしながらもレボフロキサシンという薬を受け取りその日は終了。それから三日程度薬を飲んだのですが状態は悪化してしまい掌サイズにまで成長。そして明日いよいよ注射で膿を抜き取るのかと不安に思っている最中、膿瘍が爆発しました。おしりからドバドバ血が出るのに驚き救急車を呼んで緊急で病院に搬送され、そのまま麻酔をかけて貰ってメスで切開になりました。麻酔が全然効かないので滅茶苦茶痛かったですが、施術後は嘘みたいに痛みも改善されました。暫くはおしりに開いた穴が空いているので膿と血が出てしまいオムツを穿いて仕事をする日々でしたが一月程度で穴も塞がり元通りになりました。本当の薄毛治療は話題のAGAの大阪で下痢は相変わらず続いているので癖にならないようにしないと痔瘻になると言われたので気を付けて良くおしりをふいています。