1年に1回お世話になるかかりつけの歯医者

ホーム / 未分類 / 1年に1回お世話になるかかりつけの歯医者

海外で生活しており、1年に1度帰国すると、芦屋で話題の消化器内科を必ず行くのが自宅近くの歯医者であり、そこで歯のチェックや虫歯はあればその治療、そしてクリーニングなどをしてもらいます。かかりつけ医は女性であり、いつもその人が対応してくれるのですが、前回帰国してクリニックに行ったときには、自分の歯を見てびっくりしていました。というのは、工務店を探すと人気の青梅ではここが東南アジアで暮らしているために、その滞在の間に銀歯が取れてしまい、仕方がなく現地のクリニックに行き、そしてその部分を直してもらったのですが、銀歯がつかなくて、仕方がなく白い色の詰め物を入れてもらいました。その時に先生からは数か月はもつだろうと言われました。

それから数か月日本に帰国して、その状態をかかりつけ医に見せたわけですが、なんでこんなものが詰め物として入っているのかびっくりしていました。どうやら一時的に、AGAを評判の大阪で薄毛治療するとなるとつまり数日の間だけ詰める、仮の詰め物が、入っていたということのようでした。日本では考えなられない処置の仕方のようで、驚いていました。その先生はその詰め物を取り、新しい銀歯を入れるために型取りから始めてくれて、とても丁寧に説明をしてくれて治療してくれました。これら全ての内科を芦屋で検索すると自分が暮らしている国のクリニックとの違いがあり過ぎですが、日本の医療は本当に安心できるしありがたいと思ってしまいました。