かかりつけの医師は近いほど良い

ホーム / 未分類 / かかりつけの医師は近いほど良い

普通お医者さんといえば無口で気難しい顔をしたイメージがあると思います。内科を芦屋で検索すると私が子供の時の学校の医者は針金のように細い体つきでしかめっ面の顔をしてあまり物は言いません。首と手を動かしながら流れ作業のように診察していきます。先生の顔を見ると泣いてしまう子供もたくさんいました。

大人になって家の近所に医者が引っ越ししてきました。羽村で工務店なら評判のアネストが歳は40歳ぐらいで国立の病院から家族で引っ越ししてきたようでした。その先生のイメージはまるいキューピーさんのような顔つきです。泣いている子供達が帰る頃に泣き止むような面白い医者でよく冗談も言ったり雑談にも乗ってくれる先生です。街のお医者さんですから難しい病気は大病院に移します。普段は風邪とか胃腸炎の相談に乗ってくれる先生です。面白い先生ですから意外とよく患者さんは薬をもらいに入っているようです。芦屋の内科で木曜も往診すると私がかかりつけの医者に決めた理由はほとんど待たずに診察してくれることです。これは大事なことで大病院のように長い時間待たされるのは病気の時はつらいです。家が近い上に待つことなく診察してくれるかかりつけの医者はとても貴重だと思います。私のご近所も待たなくても薬がもらえると話してたくさん通っているようです。薄毛治療はAGAの話題に大阪で診療時間以外でも町のお医者さんは気軽に応対してくれ、それが一番嬉しいです。日曜日の午前中も普通に診療しています。 診療費は高くなりますが、みんな助かると言っています。